HOME > 業務内容 > 空調設備

 業務内容 空調設備に関する業務の内容とそのポイントについてご案内します。

空調設備

取扱い空調設備一覧

エアコン

住宅用エアコン 天井吊型エアコン
マルチエアコン 業務用エアコン
壁掛け型エアコン ルームエアコン
店舗用エアコン 床置き型エアコン
パッケージエアコン オフィス用エアコン
スポットエアコン 天井埋込型エアコン
工場用エアコン ビルトインエアコン
カセットエアコン

換気扇

24時間換気システム バス乾燥・暖房・換気システム
ロスナイ 標準換気扇
ダクト用換気扇 レンジフードファン
パイプ用ファン 床下換気扇

その他

加湿機 扇風機
除湿機 送風機
空気清浄機

耐用年数と保守改修のタイミング

設備の寿命を知っておきましょう

どんな電化製品にも寿命があるように、設備機器にも寿命があります。販売メーカーが耐用年数を割り出したものが記載されているので確認しましょう。設置環境や使用状況などによって年数に変動がありますが、一つの目安として参考になります。耐用年数をしっかりチェックして、保守改修を行うタイミングについて見ていきましょう。

法定耐用年数と 部位別耐用年数
法定耐用年数

税法に基づく減価償却をベースに設定された耐用年数です。空調設備の場合は、15年と定められています。

部位別耐用年数

本体と部品を分けられる設備に対して設定された耐用年数です。空調設備の場合は本体が15年、部品交換が6年とされています。

保守改修やリニューアルのタイミングは?

メンテナンス時期は耐用年数を一つの目安として考えますが、前述の通り設置環境や使用状況などによって変動します。そのため、耐用年数を迎える前の点検をおすすめします。急な故障などは、大きな損害を招くこともあるからです。

空調設備の修理・保守サービス

空調設備も人の身体と同じで、時間が経過するにつれて、何らかのトラブルが発生します。まして、業務用エアコンは、会社、店舗、作業所など、人の出入りが多い場所で設置している事が多いかと思います。
当社では、専門のメンテナンスと定期的なクリーニングが必要と考えております。
エアコンの使用場所、頻度などの設備環境に合わせた、点検、保守管理を提案しております。

定期的な保守管理を行う事で、エアコンの寿命を伸ばし、省エネ、経費削減にもなりますし、安全性も高まります。

お問い合わせはお気軽に。電話番号045-826-1145。メールはこちら